G-Searchサービスに会員登録をして、いざ業務に使おうと思っても「さて、どうこからどう使ったらいいものか」と悩んでしまったことはありませんか。
社内で業務を引き継いで、G-Searchサービスをはじめて利用される方は、特にそうかと思います。

企業コンプライアンスへの要求が細かくなり、取引先の調査は従来の与信チェックだけでなく、反社会勢力との関係性を確認する判断も必要とされています。社会の目が厳しくなっているため、他人事ではすまされません。
G-Searchデータベースサービスでは、どなたでも簡単にコンプライアンスチェックができるツール「Gチェッカー」を提供しています。
文字入力、あるいはリストからのコピー&ペーストと検索ボタンを押すだけで、信頼のデータベースからリスク情報を検索できます。

「スタートガイド」「ご利用ハンドブック」をダウンローどなたでもトライしやすい「Gチェッカー」

GG-Searchが提供するコンプライアンスチェックツール「Gチェッカー」は、信頼性あるデータベースを低価格かつ簡単な操作方法で利用できる、忙しい方にもトライしやすいツールです。

チェック業務の3つの悩みをまとめて解決!

  • インターネットや無料サイトの調査では不安
    Gチェッカーは全国紙・地方紙など約150紙誌の、取材で裏付けされた信頼性の高い新聞記事情報から調査できます。信頼のおけるデータが情報源です。
  • 予算がない
    Gチェッカーは、1回の検索(チェック)が、50キーワードまで88円(税込)できます。コストを抑さえながら調査ツールを利用したい方におすすめです。
  • チェック業務の時間を短縮したい
    Gチェッカーは、チェックしたいワード(企業名、経営者名など)を入力して検索するだけ。ほかの条件入力は必要ありません。何度も検索しなくてよいので、業務時間を短縮できます。

Gチェッカーの操作方法

簡単にコンプライアンスチェックができるGチェッカーの操作方法をご紹介します。

  1. チェック対象を入力
    1行、1ワードで調査したい対象ワード(企業名や人物名)を入力します。入力は、エクセルなどで作成したシートから、コピー&ペーストでリストをまとめて登録することもできます(1回の検索で最大50件入力できます)
  2. 「検索」ボタンを押すと検索結果が表示されます。

この2ステップの操作だけで、簡単にコンプラアンスチェックができます。
日々の業務の効率化に、ぜひ「Gチェッカー」をご活用ください。
操作画面はYoutubeでもご確認いただけます(参考動画:コンプライアンス調査が自分でできる「Gチェッカー」)。是非ご参考ください。